有限会社エスタシオン・エスタシオンジュエリー
ホーム 会社概要 事業案内 知識 お問い合わせ
修理 リフォーム オーダーメイド

HOME > 知識 > 「基礎編」 リングサイズ


リングサイズ



リングサイズについて リングの測り方について サイズ直しの注意



■リングサイズについて
結婚式でのリング交換。花婿が花嫁の薬指へマリッジリングをはめますが、どうしたことか、なかなかリングがはまりません…。こうした事態はときとしてあり、これは不注意なサイズの測り方が原因となっているのです。

結婚式前の花嫁は大変忙しく、買い物、新居の準備、衣装合わせにと精神的にも肉体的にも気を使う日々を過ごします。結婚式直前には緊張から眠れない夜もあるかもしれません。こうなると、徹夜の翌日に手足がむくんでしまうように、結婚式当日に指がむくんで太くなってしまうことがままあるのです。

大切なマリッジリングが入らないというハプニングを防ぐためには、まず、利き手の薬指でサイズを合わせることがポイントです。利き手は常に動かして使うため、もう一方よりもいくぶん太くなっています。利き手で「ちょっとキツイかな」と思うくらいのサイズを選べば、むくんでしまった左手の薬指にもすんなり納まるというわけです。

ただし、左右の指の太さがかなり違うという人にはこの方法はあてはまりませんので、注意してください。




■リングの測り方について
リングのサイズは 『リングの円周寸法(内周)』をもとに決められています。 ご自分の指のサイズがわからない時は、 次のように測ってみて下さい。まず、紙テープを作り、それを左手の薬指に巻きつけます。
このときに、きつく締めつけずに、若干の余裕をもって 巻くのが、窮屈なリングを選ばないポイントです。 そして、ちょうど1周したところに印をつけます。 テープの端からその印までの長さを測ってください。 その数値があなたの指にぴったり合う リングサイズの目安になります。


※1号サイズがアップすると長さが1.05mm長くなります。

※ご注文の際には、0.5番サイズまでご用意いたします。

※幅広のものは若干大きめを選ばれることをおすすめします。

※通常市販(量産)されているリングのほとんどは12番前後でピンキーリング(小指用)は6番前後で造られています。日本では数字の前に#マークをつけます。#10から#13のサイズ直しの場合3mm弱の地金を差込む理由はこの円周寸法を使って行われているからです。




■サイズ直しの注意
購入後、やせたり太ったりしてリングのサイズが合わなくなってしまった時は、購入したお店へ持っていってサイズを直してもらう必要があります。

石がセットされたデザインもののリングの場合、前後3サイズまでならサイズを大きくも小さくすることもできます。3サイズ以上大きくすると、枠が広がるのと同時に爪がひっぱられてしまうために石がはずれやすくなります。逆に細くするときはリングのアーム部分は石を圧迫し、割れたり飛び出したりすることがあるので注意してください。

中にはどうしても直せないデザインもあります。リングの全周に模様が入っていたり、メレダイヤがたくさん入っている場合は、サイズ直しは難しいと考えた方がいいでしょう。

また、修理に出す際には、キズ・ワレ・カケの有無を事前にチェックし、「修理中にキズがついた」「いや前からついていた」などのトラブルが起きないように、お店側と預ける側双方で確認しておくことが大切です。


Copyright © 2006 Estacion Co.,Ltd. All Rights Reserved.