有限会社エスタシオン・エスタシオンジュエリー
ホーム 会社概要 事業案内 知識 お問い合わせ
修理 リフォーム オーダーメイド

HOME > 事業案内 > 平打ち指輪の制作工程

制作例

マリッジリングや初めて着ける指輪に多い平打ち指輪の制作現場です。
当方では、昔ながらの制作工程(鍛造制作)で平打ち指輪を作っています。
そして、今回作る平打ちは、リングサイズが17号、幅3.3mm、厚み1.3mmの指輪を作ります。



平打ち指輪の制作工程1 平打ち指輪の制作工程2 平打ち指輪の制作工程3

まず、使用する地金をバーナーで溶かします。
溶けた地金を金型に流し込みます。この作業も簡単にはいかないので慎重に・・・。



平打ち指輪の制作工程4 平打ち指輪の制作工程5 平打ち指輪の制作工程6

溶けて丸くなった地金を何度も何度も火で溶かし、やわらかくなっては、金づちで叩き、また溶かし、叩いての繰り返しで棒状へ成形していきます。
この作業で、金属が鋼のような強靭さを身につけるのです。
職人が手作りでつくるジュエリーは地金に粘り気があると同時に強いのです。地金同士がグッとくっついて固まるという印象ですね。



平打ち指輪の制作工程7 平打ち指輪の制作工程8

平打ち指輪の制作工程9

寸法を計りながらローラーを通し、均等な棒状にします。
ここではまだ寸法どおりにはしません。
磨いたりした時に落ちる地金を計算しながら、その分だけ厚くするのです。
大体の寸法になったところで刻印をいれます。



平打ち指輪の制作工程10 平打ち指輪の制作工程11 平打ち指輪の制作工程12

平打ち指輪の制作工程13 平打ち指輪の制作工程14 平打ち指輪の制作工程15

特殊なペンチで丸くします。
ある程度丸くなれば、いらない部分を切り落とします。
そして、切った部分をロー付けしてくっつけます。
ある程度削ったら、寸法を測ります。
指輪の内側を指どおりのいいようにきれいに削ります。
その後、表面もきれいにします。



平打ち指輪の制作工程16 平打ち指輪の制作工程17 平打ち指輪の制作工程18

最終仕上げのバフ仕上げです。
細かい小キズを落とし、ピカピカにしていきます。
ピカピカになったら、超音波洗浄器で汚れを落として完成です。

こんなシンプルな指輪に、これほど細かい工程があります。
一般に販売されている指輪より当店の指輪が若干高いのにはちゃんとした理由があります。

ショッピングページで販売していない商品もオーダーメイドで製作いたしますので、ご興味のある方は是非お問い合わせくださいね(^^)



お客様お問い合わせ窓口


Copyright (C) 2006 Estacion Co.,Ltd. All Rights Reserved.