有限会社エスタシオン・エスタシオンジュエリー
ホーム 会社概要 事業案内 知識 お問い合わせ
修理 リフォーム オーダーメイド

HOME > オーダーメイド > 3.8

制作例

K18 クロス・ダイヤペアリングの制作工程

K18クロス・ダイヤペアリングを制作しました。

3DCADソフト「Rhinoceros」で制作したいのですがまだ全然使えないので3DCGソフト「Metasequoia」を使用し制作しました。



K18 クロス・ダイヤペアリングの制作工程 K18 クロス・ダイヤペアリングの制作工程

今回のデザインは平打ちリングにクロスの彫りを5個入れるデザイン。

平打ちリングをサイズ通り作ったらナイフコマンドで線を分割。

その後押し出しや選択頂点をくっつけたりして1個作ったら、残りのリング部分を削除し、コピー、回転させて5個配置させます。

線でデザインを制御しているのでパソコンの画面上では表面がカクカクしていますが、後の工程で削ったり、地金の変形が微妙にあるのでそれらを見越して少し厚めに制作します。

クロスが判りやすいように色分けしています。

K18 クロス・ダイヤペアリングの制作工程

K18 クロス・ダイヤペアリングの制作工程

K18 クロス・ダイヤペアリングの制作工程

同デザインの幅、リングサイズ違いも同じようにデータ作成。

形が出来たら全体を曲面、ミラーリングのフリーズで表面をきれいに完成させます。

データ形式を変更して3DCADソフト「Rhinoceros」にインポート。

出来上がったデータは造形専門の会社に依頼します

K18WG 3連リングの制作工程

出来上がったし製品ワックス。

非常にモロいので慎重に扱ってキャストします。

K18 クロス・ダイヤペアリングの制作工程

K18 クロス・ダイヤペアリングの制作工程
K18 クロス・ダイヤペアリングの制作工程

K18 クロス・ダイヤペアリングの制作工程

最後にメレダイヤを留めて完成です。

男性用 リングサイズ18号、幅約6mm、ダイヤ計0.2ct、約10g
女性用 リングサイズ12号、幅約5mm、メレダイヤ計0.14ct、約7.4g

合計金額 315,000円になりました。



K18 クロス・ダイヤペアリングの制作工程

前回同様におまけでフリーのCGソフト「imocea」でCG画像を作ってみました。

ホワイトゴールドバージョンとゴールドバージョンです。

色や反射など簡単にしたので細かい設定はしていません。



お客様お問い合わせ窓口


Copyright (C) 2006 Estacion Co.,Ltd. All Rights Reserved.