有限会社エスタシオン・エスタシオンジュエリー
ホーム 会社概要 事業案内 知識 お問い合わせ
修理 リフォーム オーダーメイド

HOME > オーダーメイド > 0.1.30a

制作例

PT5本爪リングの制作工程1

プラチナ900でのオーダーメイド婚約(エンゲージリング)の製作です。
あまり見かけない5本爪リングです。



PT5本爪リングの制作工程1 PT5本爪リングの制作工程2 PT5本爪リングの制作工程3

PT5本爪リングの制作工程4 PT5本爪リングの制作工程5 PT5本爪リングの制作工程6

このプラチナの塊を熱して叩く!納得いくまで何度でもです。
そして、先端を丸く整形していきます。

ダイヤモンドを留める台座を作ります。私達の専門用語では「石枠」といいます。
丸く整形したプラチナにまず、軽く切り込みを入れます。この切れ込みは、爪を作る時の基準になります。

真ん中に穴を開け、マジックで線を入れ、糸ノコで切り込みを入れます。

PT5本爪リングの制作工程7 PT5本爪リングの制作工程8 PT5本爪リングの制作工程9

PT5本爪リングの制作工程10 PT5本爪リングの制作工程11 PT5本爪リングの制作工程12

石枠を広げます。
左右対称ではないのでダイアモンドに合わせて広げます。

PT5本爪リングの制作工程13 PT5本爪リングの制作工程14 PT5本爪リングの制作工程15

PT5本爪リングの制作工程16 PT5本爪リングの制作工程17 PT5本爪リングの制作工程18

次にリング部分の製作です。
石が大きく見えるように上部は細く、下部は少しゆとりをとり、削っていきます。

それをロー付けします。
このロー付けといわれる作業なんですが、火の加減を間違えると、地金が溶けたり、うまくローが回らなかったりと見かけより簡単ではないんです。
それにプラチナの場合融点が高く、このバーナーは酸素を使って火力を上げているため、調整がなれないと難しいです。

PT5本爪リングの制作工程19 PT5本爪リングの制作工程20 PT5本爪リングの制作工程21

PT5本爪リングの制作工程22 PT5本爪リングの制作工程23 PT5本爪リングの制作工程24

石留め作業の開始です。
石を留める裏まで磨いておきます。

右の画像にいくにつれ爪が丸くなっているのがわかりますかねぇ???

PT5本爪リングの制作工程25

PT5本爪リングの制作工程26

バフで全体を細かく磨き、綺麗に光るように細かく磨きます。綺麗になったら、ダイヤモンドの刻印を入れ、もう一度内側を磨きます。

やっと出来上がりました(^^)綺麗でしょ?
市場にあふれるキャスト(大量生産品)に比べ価格は割高ですが自信の一品です。

お客様には同型のピアスもご注文いただき感謝です!!!



お客様お問い合わせ窓口


Copyright (C) 2006 Estacion Co.,Ltd. All Rights Reserved.